脇の臭い対策グッツ ランキング

外出先で脇の臭いを抑える方法と必需品

準備万端、脇の臭いも大丈夫と思っていても、急に気温が高くなったり、遅刻しそうで走って汗をかいてしまったりと予想外に脇の臭いが気になってしまう事もあります。そんな時に慌てない様に携帯しておきたいのが


・汗ふきシート

トイレに駆け込んで汗を拭きとります。


・脇クリームなど制汗剤

出かけに塗っていても、汗を拭いた後に塗りなおしましょう。


・消臭効果のある肌着

汗をかいても臭わない肌着だとなお安心です。


こまめに汗を拭いておけば、脇の臭いは抑えることができます。


また、これは本当に個人の感想なのですが、汗ふきシートや制汗剤の香り。柑橘系だと汗の臭いと相まってとても目に染みる臭いになる気がします、、、。なので私は無香料か石鹸の香りを使うようにしています。


今日は特に臭いが気になる・・・脇の臭いを抑える食べ物は

何かを食べたらすぐに臭いがなくなるわけではありません。でも、日々気を付けて体質改善をしていけば、臭いを抑えることはできます。




最近、こんな物を食べ過ぎてないですか?脇の臭いをひどくしてしまう食べ物




肉類

脂っこい物

チーズ

ラード

バター

生クリーム


にんにく

ニラ

玉ねぎ



香辛料の強い物やお酒やたばこも控えたいですね。





脇の臭いを抑えるために摂りたい食品



梅干し

メカブ

ひじき

わかめ

きのこ

しょうが

リンゴ

パセリ


汗腺トレーニングって知っていますか?

汗は本来は無臭なのですが、ストレスや汗腺の働きが衰えると汗に老廃物が混ざり臭いの元になります。



べたべたで臭いのある悪い汗を、無臭でサラサラした良い汗に変える汗腺トレーニングをしてみましょう。



43〜44度くらいのお湯を湯船の半分くらい入れます。四つん這いになって両手の肘から指先、両足の膝からつま先まで浸かるようにします。


四つん這いが厳しい場合は椅子を湯船に入れて前かがみになって同じように両腕、両足を浸かるようにして10分〜15分くらいあたためます。


この時に大切なのが体はお湯に浸からないようにすることです。手足の汗腺を鍛えて、じっくり汗をかいてお湯につかっていない体の汗を蒸発させて理想的な発汗状態にするそうです。


その後、36度前後のぬるま湯に15分くらい半身浴か全身浴てリラックスすると自律神経のバランスがとれるようになるそうです。



働きが鈍くなっている手足の汗腺トレーニングをして臭いのない良い汗をかく様にすれば脇の臭いを抑えることができるのです。


脇の臭いを抑える究極の方法はコレ!

汗自体の臭いを抑えることができても、かいた汗を放置していると洋服などの雑菌が繁殖して臭う様になってしまいます。なのでこまめに汗を拭くことも大切です。


さらに、脇を殺菌して抑汗、汗をかかない様にするのが重要です。汗をかかない?そんなことができるのでしょうか?




女性なら大丈夫だとは思いますが、脇毛の処理は必須です。冬場などはサボりがちになりますが、脇毛が生えていると雑菌が繁殖しやすく臭いの元になってしまいます。


男性の場合も気にならないなら処理してしまった方が臭いを抑えられますが、人目が気になるようでしたら、さらにこまめに汗を拭きとるなど気を付けましょう。